無理なく楽しめるホームパーティーの進め方

>

家にはそんなに沢山入れないし…

このコラムをシェアする

主催者に成ってみよう

とにかく企画してみましょう。
まずは、開催理由。
何だって良いんです。
夏なら、暑いけど頑張ろう。冬なら、寒いから鍋だ。
要するに息抜きなんです。
だから主催者もむきに成ってやらなくて大丈夫。
そして人数。
最初は3、4人程度でやってみるのが良いかもです。
例えば、自分達カップル(夫婦)と友達カップル。仲良し友達など。
次に場所ですが、少人数で主催者ですから、やはり自宅に招待ですね。
後は料理と飲み物。
そんなに手の込んだ物は要らないです。
夏なら冷やし麺、冬なら定番の鍋で十分。
飲み物は年齢や趣味で適当に。
自宅へ少人数の招待なら費用はそんなに掛からないし、びっくりする様な手間もないですよね。
もしも、盛り上がら無かったとしても、次が有ります。
友人相手なら挽回のチャンスはいくらでも有る事ですし。
慣れて来れば人数増やすと、また違う雰囲気で楽しいですよ。

参加者に相談してみる

パーティーしてみない?
を言い出してみるのですが、最初は身近な相手を招待してはどうでしょう。
いきなり上司とかハードルが高いと気を使うし…
言う前から悩まない。言ってから悩まない。
相談すれば良いんです。
楽しいだろうと思って言い出し、こうしようと思ってるがどうだろう?
いつが良いか?何時頃が良いか?
皆は何が食べたいか?飲み物はどうするか?
最初の頃は、気軽に聞くのが良いです。
ただ、自分のアイデアも伝えましょう。
アイデアが無い時は、「アイデア出ないから助けて」
相談ですから、何のアイデアも無しでは相手に引かれてしまいます。
最初は相談でも、皆の意見を聞いて行く内に、話も盛り上がってワクワク感も高まるでしょう。
してみない?から始まり、考え、相談し、みんなの意見を聞き、実行に移す。
言葉だと面倒でも、実際は簡単な事。
主催者=言いだしっぺに成って相談してみましょう。